スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

報告会への参加、ありがとうございました!

先週土曜日、9月2日に東京都障害者福祉会館で現地渡航報告会「点を繋いで描く夢」を行いました。

Disability(2012_09_02)CAPEDS22(small).jpg
なぜかヒシャムだけカメラ目線!


Disability(2012_09_02)CAPEDS21(small)_20120909101402.jpg


当日は、会員様のみならず、ドナーの方、スタッフのお友だちなど、20名を超える参加者が訪れました。
初対面の人がほとんどでしたが、自己紹介セッションでぐっと距離を縮め、終始和気あいあいとした雰囲気の会となりました。

「和室を使えたのは、ほかの参加者との距離が近く、移動もしやすかったのでよかったと思う。」「アットホームで素敵な報告会でした。」

というご意見も頂きました。



前半は、スーダンクイズ。
スーダン人理事を交えたグループで話し合って答えを出します。


「スーダンでコーヒーを入れる道具の名前は? 1.タナカ 2.ヤマダ 3.サトウ」


など、不思議なクイズがラインナップ。


ちょっと、そこのスーダン人、答えを教えないで!
Disability(2012_09_02)CAPEDS02(small).jpg
ちなみに、勝ったグループにはスーダンの甘~いハイビスカスティーを一足先に試飲してもらいました。
(それだけ~って声も上がりましたが、聞かなかったことに…笑)



間にティーブレイクを挟んで、後半はいよいよ福地理事の渡航報告です。
Disability(2012_09_02)CAPEDS23(small).jpg

ちょっとまじめなお話…と思いきや、途中から「捕獲大作戦!」なんてちょっぴり楽しい感じの報告になりました。

参加者からは、
「初めてでも馴染みやすいようによく工夫してくださっているな、と思いました。硬・軟のバランスが素晴らしいなと思いました。」
「福地さんの報告の資料があればよかった。」 ← 今後の参考にさせていただきます!
「活動内容を全く知らずに参加しましたが、ゼロから行動するその活動力に圧倒されました。一人でも多くの子どもが教育を受けられるよう、活動を続けていただければと思います。

なんて、こちらが励まされちゃうような素敵な感想をいただきました。


アブディンも負けじとギャグを飛ばす!
Disability(2012_09_02)CAPEDS08(small).jpg

会場には、めきゃべつ通信のバックナンバーも並べ、ご紹介しました。
Disability(2012_09_02)CAPEDS12(small).jpg


報告会の最後には、同じ会場でお菓子をつまみながら懇親会となりました。
圧倒的なスタッフ不足のため、参加者同士で盛り上げていただくという、なんとも不思議な展開・・・。

会場の後ろにあった募金箱には、参加者が入れてくださったご寄付が貯まる貯まる・・・!
今年発足しためきゃべつサポーターにも、5名の方が登録してくださいました。


「スーダンとCAPEDSについて知るとてもよい機会になりました。今後も微力ながら応援したいと思っているので、よろしくお願いいします。」
なんて心強いお言葉をくださった学生の方、

なんだかとてもやる気になりました。ありがとうございました。」
と言って、サポーターに10口も登録してくださった方、

ドナーのみなさまからは、

「ロータリープログラムで協力できることがあればお手伝いできればと考えています。」
地に足ついた、地道な活動がすばらしいです。私たちのクラブで何か支援できることがあれば教えてください。息の長い協力をしていきたいと思います。」
現地での障害のとらえ方は、「文化」に近いものだと思います。それを変えるのには時間と根気が必要になると思いますが、末永く頑張ってください。応援しています。そのためには、「粘力」も大切かもしれませんね!」

と応援メッセージをいただきました。

私たちが元気になるイベントとなりました。
本当に本当にありがとうございました。





そして、あっという間に時間は過ぎ、もう退室の時間です!なんて声がかかり・・・。
いつもながらバタバタと撤収したCAPEDS一同でした。





スポンサーサイト
10 : 26 : 31 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

スーダンカフェ ~現地渡航報告会~


「目が見えない子どもには、勉強を教えてもしょうがない​?」

日本では、視覚障害を持った子どもたちも学校に通うのが​当たり前です。
また、街を歩けば点字ブロックがあり、駅の券売機には点​字がついています。


一方で世界全体を見てみると、視覚障害を持っているとさ​れる子どもたちのうち、
70%以上が基礎的な教育すら受けることができずにいる​とされています。

日本人とスーダン人が共に創ったNGO「CAPEDS」​が活動するスーダンの首都・ハルツームでも、
まだ多くの子どもたちが、幼いうちから教育の機会を奪わ​れています。

「彼らが教育へアクセスするためには、どうしたらいいん​だろう?」

自らも視覚障害を持ちながら、現地の盲学校で子どもたち​に英語を教え、
点字を知らない生徒たちもに点字教室を開くプロジェクト​を進めてきたCAPEDSスタッフが、
スーダン障害児教育の現状と、その可能性を語ります。


■日時:2012年9月2日(日)13:30〜15:3​0(その後懇親会あり)
■場所:東京都障害者福祉会館 和室AB
(〒108-0014 東京都港区芝5丁目18-2 0​3-3455-6321)
(JR田町駅徒歩5分、都営線三田駅徒歩2分)
 http://​www.fukushihoken.metro.toky​o.jp/syoukan/toiawase/​index.html
 ※隣の「区立港勤労福祉会館」とお間違えのないよう、​ご注意ください!
■参加費:500円(CAPEDS会員様は無料)※スー​ダンのお茶つき
 ※参加費はご寄付として受け取り、活動費として大切に​使わせていただきます
■主催者:特定非営利活動法人スーダン障害者教育支援の​会(CAPEDS/キャベツ)
■発表者:福地健太郎(CAPEDS理事)、御村明日香​(スタッフ)、並木麻衣(スタッフ)


■プログラム
------
1. 参加者の皆さまと一緒にアイスブレーキング
2. CAPEDSの紹介
3. 現地の暮らし紹介

〜休憩、お茶・お菓子タイム〜

4. 活動報告「点を繋いで描く夢」
5. 懇親会
15 : 48 : 11 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

CAPEDS定例ミーティングへのお誘い(6月)

みなさま、こんにちは! CAPEDS事務局長のナミキです。


さて、キャペッズでは毎月最終土曜日に新宿にて定例ミーティングを行っています!
キャペッズにご興味のある方、スタッフに会ってみたい方、
ぜひお気軽にご参加くださいませ♪^^
終了後は近くのファミレスで懇親会もあります(参加費実費)。
こちらからのご参加も大歓迎です!


----
■日時:2011年6月25日(土) 13:00~16:00
■場所:株式会社ダイバストリート様オフィス
東京都渋谷区代々木2丁目23番1号ニューステートメナー311
地図はこちら
■持ち物:オープンマインド
■今回のアジェンダ:
 ・活動進捗報告
 ・ウェブサイトについて
 ・助成金について

■参加確定:
モハメド・オマル・アブディン代表理事、福地健太郎理事、
並木麻衣事務局長、その他調整中

■集合:
12:45 新宿南口改札前(花屋さんの横にいます。目印は白杖です)

■当日緊急連絡先:
event★capeds.org(★をアットマークに変えてご送信ください)までご連絡お願いいたします。


■懇親会:
16:00~、近くのデニーズにて行います。
東京都渋谷区代々木2丁目27-18

現地集合にてお願いいたします!
スーダン人を探してください。笑

----

ご興味のある方は、
「event★capeds.org」(★をアットマークに変えてご送信ください)へご一報いただくか、
twitterで @capeds 宛にDMをいただけると幸いです♪
当日連絡でも大丈夫です。


皆さまとお会いできるのを楽しみにしております♪
23 : 10 : 40 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

7/8 中東情勢セミナーのご案内「スーダンはこれで平和になるのか? ~新国家、旧国家の挑戦~」

※コメンテーターとして武内進一氏のご参加が決定いたしました。

-----------
 2011年7月9日にはアフリカ第54番目の国家が生まれます。今年の1月9日、スーダンの南部独立を問う住民投票が行われ、投票者の98%以上が独立を選択しました。住民投票はきわめて平和的に実施され、国際社会の高い評価を得ていました。
 しかし、南北境界線をめぐって双方間、緊張が高まり、現地は紛争再燃の可能性を否定できない状況にあります。更に、南部・北部それぞれがさまざまな問題を抱えており、安定化への道のりがまだまだ長いことが伺えます。
 そこで南部独立前夜、スーダン人若手研究者による分析情勢を主として、スーダンへの理解を深めるイベントを開催いたします。ふるってご参加ください。(言語:日本語)

■日時 :2011年7月8日(金)19:00~21:00
■場所 :日本財団ビル2階 A会議室
(地下鉄銀座線・虎ノ門駅、または溜池山王駅より徒歩5分)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
■講演者:モハメド・オマル・アブディン(東京外国語大学大学院(平和構築学))
 コメンテーター:武内進一(JICA 研究所 上席研究員)
■参加費:1,000円(資料代込)
(スーダン障害者教育支援の会 会員様は500円となります)
■定員 :50名(定員になり次第締切とさせていただきます)
■申し込み:こちらのフォームから、7月6日24:00までにお申し込みください。
■問い合わせ:主催団体 特定非営利活動法人スーダン障害者教育支援の会
事務局 並木麻衣 宛( event★capeds.org )★をアットマークに変えてご連絡ください

■講演者プロフィール:モハメド・オマル・アブディン
1978 年、スーダンの首都ハルツーム生まれ。幼少期から徐々に視力を失い、12 歳には文字の読み書きが出来なくなる。ハルツーム州の小・中・高等学校を経て、1996 年ハルツーム大学法学部に入学。その後1998 年1 月、国際視覚障害者援護協会の招聘を受け来日。2005 年から視覚障害者サッカー普及活動を母国で開始。2006 年9 月4 日付朝日新聞朝刊「天声人語」欄において、これらの障害者支援活動が紹介される。その後、東京外国語大学日本語課程に入学。2007 年に同課程を卒業。同年4 月から同大学大学院地域文化研究科国際協力専修コース平和構築・紛争予防コースに入学。現在、スーダンにおける平和構築をテーマに博士課程で研究活動を続け、アフリカ学会、英国中東学会、Sudanese Studies Association など、日本だけでなく海外でも発表を重ねている。
 NPO法人スーダン障害者教育支援の会(http://capeds.org/)代表理事。
 (プロフィール詳細:http://bit.ly/iF6OTG / ブログ:http://abdin.blog96.fc2.com/

■コメンテータープロフィール:武内進一
アフリカ研究(中部アフリカフランス語圏諸国)、国際関係論を専門とする。1986 年3 月に東京外国語大学フランス語学科卒業後、東京大学で博士号を取得。アジア経済研究所中部アフリカフランス語圏研究担当、コンゴ・ガボン駐在員、地域研究センターアフリカ研究グループ長などを歴任し、2009 年からは国際協力機構へ出向している。アフリカ、紛争に関する著書多数。
(プロフィール詳細:http://bit.ly/jLcviP

■主催団体:特定非営利活動法人スーダン障害者教育支援の会
 日本在住のスーダン人全盲留学生を中心に、2008年からNPO法人として活動。スーダン北部を中心に、障害を持つ子どもや大学生の教育支援を行う。また、スーダンに初めてブラインドサッカーを紹介し、初のチーム立ち上げに関わる。

ホームページ: http://capeds.org/
facebookファンページ: http://www.facebook.com/capeds
twitter: http://twitter.com/capeds

本セミナーは日本財団募金プロジェクト「夢の貯金箱」の後援により実施されます。

※フォームよりいただいた情報は、本イベントのためのご連絡のみに使用いたします。
(「スーダン障害者教育支援の会からのニューズレターを受け取る、にチェックを入れた場合を除く)
01 : 20 : 10 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

5/28(土)16時~、ラフな交流会@新宿

みなさま、こんにちは! 事務局長の並木です。

さて、直前のお知らせで恐縮なのですが、
CAPEDSのスーダン人&日本人理事たちとのご飯のお誘いです。


■日時:5/28(土)16:00~18:00目安
■場所:新宿南口近辺のファミリーレストラン
■集合:東京都渋谷区代々木2丁目23番1号 ニューステイトメナー入り口のセブンイレブン前
(地図はこちら
■当日連絡先:080-6745-5467(出ない場合は留守電をお願いします)or director@capeds.org
■参加費:食費実費



「日本で視覚障害を持つ外国人として暮らすって、どういう感じなの?」
「キャペッズの活動について知りたい!」などなど、
ざっくばらんに交流しながらご飯を食べる会。
気軽にご参加くださいませ♪
19 : 30 : 11 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

チャリティ★ナイト(4/12)報告レポート

みなさま、こんにちは! 事務局の並木です^^

先日のトークイベント「チャリティ★ナイト」は大盛況でした!
会場はお仕事帰りの方々や学生さんで満員御礼^^
ドアを開けた瞬間、「えぇぇぇ!」とびっくりしてしまいました。笑
震災の後、しかも余震続きのこの頃なのに、
40名くらいの皆さまがいらっしゃってました。すごい!

イベント自体は18:30~22:00でしたが、
CAPEDSからは18:30~、19:30~の二回にわたって
活動をプレゼン紹介したり、ビデオを流したりしました。
(大分時間をオーバーしてしまいましたが…笑)


プレゼンパワーポイントをバックにトーク中のアブディン
(トーク中のアブディン代表理事。パワポにはサッカー中の福地理事が映ってます)


プレゼン資料はこちら。
(音声読上非対応で本当にすみません…)



活動紹介ビデオはこちら。
2010年9月に渡航した際の映像を
映像ディレクター北岡さんにまとめていただきました。
ナレーションはこれから付ける予定です。




アブディン代表理事から、スーダン南北分離のお話や、
スーダンが抱える教育問題、その中でも障がい者が抱える問題、
CAPEDSが実施中のプロジェクトについてなどをご紹介。

フロアからは、

「スーダンにいる外国人って、どこの方が一番多いんですか?」
「アブディンさんはどうして日本に来たんですか?」

などなど、多くのご質問をいただきました。
トークの後もたくさんお声掛けいただき、皆さまとのお話は本当に刺激的でした♪



主催側で会場をご提供いただいているトライブスの石川さん、ホールスタッフさんも、
ハンガー・フリー・ワールド担当者の儘田さんやスタッフさんも、
緑のサヘルの町さんも、
本当にたくさんの方々に笑顔で迎えていただき、
アブディンも並木も非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

みなさま、本当にありがとうございました!

運営スタッフの皆さま
(皆さまとの集合写真)
17 : 03 : 02 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

【おいしいイベント♪】4/12(火)チャリティ★ナイト@神楽坂~食べて知るアフリカ~

みなさま、こんにちは!
大分ご無沙汰してしまいましたが、キャペッズは元気に活動中です♪

さて、直前にて恐縮なのですが、
おいしいイベントのお知らせ。

ハンガー・フリー・ワールドさんと緑のサヘルさん、
アフリカン・レストラン「神楽坂トライブス」さんが月1で開催されている
「チャリティ★ナイト」に、
キャペッズ代表理事アブディンと事務局長並木が出ます♪
(事務局長による以前の参加レポートはこちら

ご縁があり、トークという形でお誘いいただきました。
主催のみなさま、本当にありがとうございます^^



参加費は500円から、なんと、ラクダ肉が出るそう。笑
ぜひお誘い合わせのうえ、お気軽にご来場くださいませー!
キャペッズの活動等についてご報告いたします^^
(トークは19:30~、20:30~の2回、各15分を予定)

トライブスさん、ご飯もドリンクも美味しいのでオススメです!



~以下、転送~
-----------------------------------
アフリカ料理やお酒を楽しんで、アフリカを感じるチャリティイベント!

今回のテーマは、
「紛争地」スーダンの素顔と教育事情。

新学期が始まる4月は、「教育」がテーマ。
北アフリカ・スーダンで障害者の教育支援活動などを行う
スーダン障害者教育支援の会のアブディン氏を講師にお迎えします。


南北分離やダルフールが話題に上るスーダン。緊急支援が注目される一方、
社会で弱い立場に置かれる障害を持つ人々が、自らの生活の向上を求めて立ち上がっています。

彼らの暮らしは?教育は? 全盲のスーダン人・アブディン代表理事による、
軽快なスーダントークをお楽しみください!

この日は一夜限りのスペシャルメニュー!アフリカの料理やドリンクをトライブス風にアレンジします。なんと今回のメニューにはラクダが!!

1オーダー500円あたり20円が、アフリカで活動しているNGOへの寄付になります。アフリカの料理を楽しみながら、気軽に国際協力してみませんか?


【日時】4月12日(火)18:30-22:00
    (予約不要・入退場自由)
【会場】アフリカ料理 神楽坂トライブス
【地図】http://www.tribes.jp/index.php
【交通】JR飯田橋駅から徒歩5分、東西線神楽坂駅から徒歩5分、大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩3分
【参加費】なし。飲食代実費。
【定員】なし(店舗通常営業のため、満員で入店できない場合もあります)
【主催】アフロ・フレンチ・ダイニング トライブス
【協力】緑のサヘル、HFW
【お問い合わせ】(特活)ハンガー・フリー・ワールド
         03-3261-4700
        

(特活)ハンガー・フリー・ワールド
連絡先 03-3261-4700
FAX 03-3261-4701
住所  102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13山商ビル7階
HP   http://www.hungerfree.net/
    hfw.intern.advocacy★gmail.com (★をアットマークに変えてご利用ください)

トライブス
住所  東京都新宿区若宮町10-7
連絡先 03-3235-9966
FAX   03-3235-9955
地図  http://www.tribes.jp/toiawase/index.html
    総武線飯田橋駅西口から徒歩5分
20 : 14 : 56 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

【お詫び】3/19 4/3 イベント中止の件につきまして

いつもお世話になっている皆さま、

 日頃は弊会の活動にご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 このたびの東北地方太平洋沖地震の発生を受け、3/19、4/3に予定しておりましたイベントの実施について、検討を重ねてまいりました。その結果、本イベントは中止とさせていただくことに決定いたしました。
状況が落ち着きました段階で、改めて実施検討させていただく予定となっております。誠に申し訳ございませんが、ご了承いただければ幸いです。

 被災地域で活動されておられる団体様のご無事をお祈りするとともに、被災地域の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。皆さまの大事な方々がどうかご無事でいらっしゃるよう、心よりお祈りしております。

2011年3月16日

スーダン障害者教育支援の会
事務局長 並木 麻衣


※弊会イベントのご案内をしてくださっていた皆さま方、大変申し訳ございませんが、中止の旨をご転載いただければ誠に幸いです。お手数ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
23 : 23 : 18 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

【イベント】 3/19(土) 目の見えない人が”見る”世界って?

こんにちは!
突然ですが、こんなこと、思ったことありませんか?

「目の見えない人には、サポートが必要なの?」
「駅や道で見かけたら、どうやってサポートすればいいの?」
「目が見えないと、世界は一体どう見えるんだろう?」

アフリカの途上国・スーダンの障がい者を支援する私たちが、
障がいを考えてみるキッカケへとご案内!
小さな一つのワークショップから、「目が見えないひとにとって大事なこと」を探してみませんか。
第二部では、視覚障がいを持ちながら日本で暮らすスーダン人留学生ムルタダくんが
アフリカの途上国であるスーダンでの暮らし、教育、障がい者が抱える問題、日本との違いについて語ります。



「目の見えない人が”見る”世界って? ~日本/アフリカ・スーダンの事例から~」

■プログラム■
<第一部> 15:30~16:30
”「目が見えない」を体感してみよう”
視覚障がいをちょこっと体感してみるワークショップ。
平等な資源から、紙とはさみを使って「お金」を生産。みんなで金額を競い合います。
視覚障がい者にとって「お金を作る=自立して生きる」ために大切なこと、一緒に探してみませんか?


<第二部> 16:45~18:00
”途上国で視覚障がい者として暮らす ~スーダン人留学生 ムルタダくんの場合~”
「途上国の目の見えない人は、一体どうやって暮らしているの?」
「視覚障がいを持つムルタダくんは、一体どうやって勉強してきたの?」
「どうやって日本に来たの?」「視覚障がい者として、日本は暮らしやすい国?」
スーダンからやってきて、日本で6年暮らしているムルタダくんが、
母国や日本の環境、これまでの体験について語ります。質問も自由にどうぞ!



■案内人:
★ムルタダ・エルジャイラニ(筑波技術大学 学部生/スーダン障害者教育支援の会 事務局員)
★並木麻衣(スーダン障害者教育支援の会 事務局長)

※プログラムは全て日本語で行われます。


■こんな方はぜひご参加くださいませ!
・障がいに興味はあるけれど、今まで「感じてみる」機会がなかった方
・アフリカ、途上国に興味がある方
・途上国で暮らす障がい者の問題に興味がある方
・激動中!スーダンの現場感覚を知りたい方
・3/19(土)は暇です!という方


<日時>3月19日(土) 15:30~18:00
<場所>「Social Energy Cafe(ソーシャルエナジーカフェ)」
※小田急線「経堂」駅徒歩5分
<参加費>500円+ワンドリンク制
<定員>20名
<お申込>※ツイッターの方はコチラ
E-mail:cafe☆socialenergy.co.jp
※☆をアットマークに変えてください。
TEL:03-3429-1573
※ご興味のある方はメールにて、お申込下さい。(お名前・ご連絡先・参加人数をお知らせ下さい。)

※終了後(19~21時)には、福祉関連施設でつくられた授産品や地産地消などをテーマにしたお料理をご用意した懇親会(お料理2,000円
ドリンク別)も開催します。案内人と気軽に話しながら、わいわい楽しく食卓を囲みます。「ちょっとしたサプライズ」もありますので、ぜひこちらもご参加くださいませ!


※デジタル名刺「ポーケン」をお持ちの方は、‘つながり’を広げるため是非お持ち下さい。会場では、ポーケンの販売(2480円)も行っています。当日お買い上げ頂くと、ワンドリンク無料チケットがついてきます。(ポーケンHP:http://poken.jp/ja/
※みんなで広げよう!
Social Energy Cafeのイベント情報をお知らせするメルマガはコチラ


【主催団体】
特定非営利活動法人 スーダン障害者教育支援の会
http://capeds.org/
■活動速報はこちら
■twitter: http://twitter.com/capeds (@capeds)
■大人気!スタッフのブログ
代表理事アブディン「今日のアブちゃん。」 http://abdin.blog96.fc2.com/
事務局長並木のブログ http://ameblo.jp/capeds/
18 : 34 : 55 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

【イベント】4/3(日)ブラインドサッカー体験会やります♪

みなさま、こんにちは!
事務局の並木です~。


さて、今回は4月に予定しているイベントのお知らせです♪
ブラサカ体験会

4月3日(日)13:00~17:00(※上記チラシから変更になりました)、
明治神宮外苑サッカー場にてブラインドサッカーの試合&体験会!
(国立競技場駅から徒歩1分、千駄ヶ谷駅から徒歩5分です)

東京世田谷中央ロータリー・クラブ様、および
東京米山友愛ロータリー・クラブ様のご企画、
そして関東の強豪ブラインドサッカーチーム
F.C.アヴァンツァーレ」様、「たまハッサーズ」様のご協力で開催いただけることになりました。
皆さま、本当にありがとうございます!


ブラインドサッカーは、目の見えない方でも見える方でも楽しめるサッカー。
アイマスクをつけて、鈴の入ったボールを蹴るフットサル形式のゲームです。

IBSA World Blind Football Championship 2010 - The Final(Youtubeより)

これは世界大会の試合。
「見えてないなんて、信じられない!」と、私も見るたびに思います。
この試合を生で見て、ついでに体験してみよう!という今回のイベント。
なんと、無料でご参加いただけるのです。


まだちょっと先のイベントになってしまいますが、
ぜひ手帳の4/3のところに「CAPEDS☆ブラインドサッカー」
マークしていただければ幸いです!(笑)
スケジュールやお申し込み方法など、確定し次第ご連絡いたします☆
私もすごく楽しみですー!!
02 : 33 : 02 | イベント | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。