スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

エルヌール盲学校で終了式!

御村です。

日本でも卒業式を控えるこの季節。
エルヌール盲学校でも、一年の終了を祝うセレモニーが行われたという報告が届きました。

子どもたちは歌って踊って、一年の学業修めを祝うようです。
エルヌール終了式 Students Performance

この光は反射板でもまとっているのかしら・・・と思ったら、
そうそう、スーダンではこんなに日差しが眩しいんだった!

電気をつけなくてもほんのり明るい部屋を出た瞬間、
ぱっと突き抜ける光線のような日差しを浴びて
「なんて天に近いんでしょう!!」なんて本気で感じたことを思い出しました。

そんな天からあふれ出る光をまとって踊る子どもたち。
授業からの解放感に溢れているのか、
友達と会えない休業にちょっぴり哀愁漂っているのか、
複雑な思いが入り混じる学年末です。


ファルーク先生と福地先生も一緒にアラビア語の歌を歌ったとか。
エルヌール終了式 Ustazfaroug and Me
二人の美声が聞けなくて残念!でしたが、
サヨナラは言わないよ~というような歌だったそうです。

卒業生はもちろんのこと、6月に帰国する福地先生と子どもたちが過ごせる時間はあとわずか。
思い出に浸ると寂しさがにじみ出てきそうな式ですが、
本当にサヨナラになるまで、何度となく聞かせてくれそうな気がします。

それだけ、私たちの中でスーダンが近くなったってことかなぁ。
スーダンとの間にサヨナラって来るのかな?




スポンサーサイト
12 : 04 : 00 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

エルヌール盲学校で学期末試験。

福地理事が英語を教えているエルヌール盲学校で、学期末テストがあったそうです。

もちろん英語もテストがありました。
科目は、ライティングとリーディング。
二つの試験で、モトーキルはなんと両方満点だったそう!!

モトーキルは、編入準備学級で勉強する15歳。
将来は公務員になって家族を守りたい、と夢を語った、とてもしっかりした青年です。

モトーキル
点字を読むモトーキル


まだ点字を学んだばかりの彼ですが、盲学校で学ぶ間にすっかりと身につけて、着々と学力を積み重ねてきました。
代読でも、代筆でもない、一人で臨んだ試験。
そして、手にした満点解答・・・!


私たちの送った点字盤も彼のような価値ある学習を支えると思うと、誇らしくなります。
採点する福地先生、○をつけるたびに、心がわくわくしてきたのではないでしょうか。



その後、福地先生と残りの英語教科書を学びきったそうです。
他の生徒が1年かけて学ぶ教科書を、なんと2ヶ月でマスターしてしまったという脅威の「学習力」!
すごい!本当にすごい!


そんなニュースを聞いて、「今日も一日、私も頑張ろう!」と元気をもらった御村でした。








21 : 16 : 38 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

コーラン学校の写真が届きました!

現地からコーラン学校の写真が届きました!


12月から2ヶ月行われた点字教室の取り組みも、これで一段落。
下の写真は、修了証書授与の様子です。
充実感溢れる笑顔に、日本側が元気をもらいます。

教室を終えた今、将来の夢は

「もっとイスラムを勉強してイスラム教を広めたい」・・・そうです。

・・・さすがコーラン学校!

コーラン学校Students with Certificate

コーラン学校receiving certificate


クラスの様子

コーラン学校class students

コーラン学校all the class

終了式に同席した福地理事とハーティム。
立派なイスに座って、なんだか得意げに見えます笑。

コーラン学校Shekh Froug Hatim Kentaro





22 : 52 : 00 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

視覚障害者の情報ツール①

視覚障害は移動の障害・情報の障害ともいわれるそうです。

そんな不自由のために利用される、点字や白杖は見たことのある人も多いはず。

点字は、2×3の6個の点の配置で文字を表現しています。
点字を書くために必要な道具は、点字板と点筆。

点字板には、一文字分ずつの枠と点の型がついています。
点字用の紙を挟み、点の型にあわせて点筆でエンボスしていくと。。。点字の完成!

初心者の御村は、点字・あいうえお対応表で一文字一文字確認しながら打つので、
とにかく時間がかかりますが、それで文章が伝わると感慨深いものがあります。

このような視覚障害者のためのツールは、日本点字図書館で販売されています。
点字板と点筆のセットは、1200円。
CAPEDSを応援してくださる皆さんのお心遣で購入し、現地訪問のたびにスーダンの子どもたちに届けています。









21 : 45 : 34 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

未来をのせて届け!エルヌール盲学校点字教科書プロジェクト

未来をのせて届け!エルヌール盲学校点字教科書プロジェクトの動画ができました!

http://www.youtube.com/watch?v=Qq0KitMsUv0&feature=related

今月行われる、横浜YMCAさんの報告会でも紹介させていただく予定です。
動画に出てくるヤッシン先生は、盲学校でボランティアで英語を教えています。
子どもたちが熱心に勉強する姿や、子どものために奔走する先生方の姿が伝わるといいなぁ。


とにもかくにも、協力いただいた皆様、ありがとうございました!
これからも私たちの活動を、どうか温かく見守って下さい。



21 : 22 : 22 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

英語教科書大活躍中!

続きを読む
10 : 56 : 41 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

シャルガニール地区調査

スーダン滞在中に一度同行したシャルガニール地区の調査が一段落しているようです。


視覚障害をもつ生徒がいるだろうといわれた学校はひと通りまわり、
ハーティムが独自の聞き取りで調査を行ってきましたが、
学業に支障をきたしていそうだな、という子は14人ほどいたそうです。

これからは、対象となる生徒を眼科の専門家に見てもらいたい、とのこと。




さすがスーダン、案外いるのね、と思っていたら、
日本でも自分の「見えにくさ」に気づかず、苦労している人はたくさんいるよう。
周りにも、高校まで自分が見えにくいことに気づかなかった、という弱視の友人がいます。


確かに、全盲なら「障害」は明らかだけど、
一般的な見え方よりも視野が狭いとか、色の弁別が難しいとかいった「見えにくさ」であれば、
「なんとなく不便だな~」くらいでやり過ごしている人もいるのでは、と思います。



 だってそれが自分が見ていて、生活している世界だから。



もとからそういう見え方をしていたのであればなおさら。
ましてや、他人の見え方と比較できるわけもないし。
周囲も「ナンだ、こいつ。視力低いのかな」くらいに感じてるのでは。

というわけで、あなたの周りにも、
一見見えているようで、実は見づらい世界に生活している人がいるのかも。




ちなみに、
シャルガニールの調査でそろそろ専門家が必要、となった背景には、
「私も最近目が・・・」
とハーティムに訴えてくる先生がいたこともあったそうです。
彼は眼科医ではないから、そんな対応はできないし、
素人だから対応できないとも言えないし。


この話を聞いたとき、
「なんてちゃっかりした先生!」と思ったのですが、

「見えづらさ」の話を考えると、
こういった「自分の不調に対する敏感さ」も必要かも、なんて思ったりしたのでした。



信頼できる専門家に会えるといいね!



23 : 23 : 31 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

点字教科書を無事発送しました!

CAPEDSスタッフのメーリングリストに、ムルタダ理事からメールが届きました。


ムルタダ(通称ムルちゃん)は、
現在、筑波技術大学で情報システム学科で学んでいます。
7年前にスーダンから日本に留学。
東京の盲学校で学んだ後、鍼灸の勉強をして資格を取りました。

3年ほど前から本格的にCAPEDSの活動に携わり、メキメキと力量を発揮しています!




「自分のお世話になった盲学校の先生の力になりたい」

という彼の想いからはじまった点字教科書作成プロジェクトは、
彼が、授業の隙間時間や休みの日にコツコツと作業をすすめる事で、
教科書完成・発送の日を迎えました。


こんなに思いの詰まった教科書を手にする子どもたちは、本当に幸せだろうと思います。
今日も学べる幸せに感謝しながら・・・



以下引用


タイトル:エルヌール盲学校への英語教科書


CAPEDSの皆さん、こんばんは。

ムルタダです。

新年明けまして、おめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

さて、標記の件につきまして、最後のスパイン2の発送の手続きが完了いたしました
ので、ご報告させていただきます。

ご協力いただいたヨコハマYMCA、点訳ボランティアの皆様
・CAPEDSスタッフ、本当にありがとうございました。

それでは、取り急ぎ、ご報告まで。






22 : 56 : 01 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

最後の点字教科書発送準備をしました!

これで、エルヌール盲学校の英語の点字教科書はすべて揃うはず!

横浜YMCAさんに助成をいただいて行った、
英語教科書の点訳プロジェクトがようやく終盤を迎えます。

昨日、ムルタダ、ヒシャム、並木、御村の4人で
教科書の最終仕上げ・箱詰めを行いました。

今回扱ったのは、

スーダンの学校で使っている英語教科書「SPINE2(スパイン2)」

1~3巻を各15冊ずつ、全45冊を用意しました。
盲学校の7年生が使うことになると思います。



墨字の教科書を点訳ボランティアの方がデータ化してくださり、
ムルタダ・ヒシャムが点字プリンターで印刷、製本
(授業の合間をぬって、2週間ほどかけて印刷してくれたとか)
今回の発送準備にこぎつけました。


今回の作業は、

①製本された頁の端の部分を切り取り、
点字教科書発送2

②表紙に点字と墨字のタイトルを貼り、
点字教科書発送1

③一冊ずつラップで包んで、
点字教科書発送3

④ダンボールに詰め、
点字教科書発送4
いや、これは持っているだけだから!

⑤郵便局に連絡・発送!

という段取りでしたが、




・・・まさかの重量オーバー・・・ちーん。



その後、詰めなおしという作業が増えてしまいました。
ということで、発送は後日。





スーダンまでこの大量の教科書送ったら高いだろうな~と思っていたのですが、
(1冊がA4サイズで辞書くらいの重さ!)
ちゃんと日本郵便には、

点字郵便

で点字の資料等を無料で送るサービスがあったのです。


すばらしい!



障害を持っていると、
福祉機器を購入しなければいけなかったり、人一倍手間がかかったり、
余分なコストがかかる場面が多々あります。

こういうサービスや心遣いが人びとの生活を支えることになるのですね~。





09 : 53 : 15 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑

シャルガニール地区にて学校訪問調査

5日に無事帰国しました、御村です。

現地出国前に、

視覚障害が原因で学習に困難を抱えている生徒が、
地域の通常学校にどれだけいるのか、

という貴重な調査に同行させてもらうことができました。



この調査は、前回エルヌール盲学校で行なわれた点字教室に続き、地域の学校で学ぶ視覚障害をもった生徒をサポートするためのプロジェクトの一貫です。



調査に行ったのは、
CAPEDSと協力してプロジェクトを運営してくれているハーティム、
シャルガニール地区教育省特殊教育課に勤めるイティダール先生とアシスタントの方、
点字教室の送迎も勤めてくれたドライバーのマーリック、
そして貴重なチャンスに恵まれた御村の5人。

朝9時から12時頃までかけて、全部で8校をまわりました。


シャルガニール学校調査1
シャルガニール学校調査2 シャルガニール学校調査3


どの学校でも、
調査の趣旨を伝え、「見えにくい困難を抱えている生徒と面会したい」と伝えると、
快く協力してくれました。


そうして校長室に呼ばれた子どもたち。

はじめは、指にスカーフをクルクルと巻きつけながら
恥ずかしそうに下を向いていた女の子。

「名前は?」
「文字は見えにくい?大丈夫?」
「本は読みにくい?」

柔らかな口調のハーティムの質問に答えるうち、
彼をしっかり見て、
自分の状況を話しはじめました。


自分の困っていることを理解してくれる人に出会って、
自分のことをもっともっとわかってほしくて、
話していたのかな~。

なんて想像しながら、
アラビア語のわからない私は、ずっと横でやりとりを眺めていました。


イティダール先生は、堂々と腰掛け、じっとインタビューの様子を観察していました。
マーリックは、事細かにメモを取り続けていました。



正直、
学生時代の「開発」のイメージは、
日本人の技術者や専門家が
現地でインフラや制度を整えたり、技術や知識を伝えたり、
そんな一方的なものでした。


その日は

「子どもたちにもっとよい教育環境を」と意欲に溢れたスーダン人が
一つひとつの学校を訪問し、
一人ひとりの生徒に向き合い、
コツコツとプロジェクトを積み上げる一場面を

アラビア語も専門知識もない日本人がただ見ていました。
(そして無力感に情けなさを感じる私・・・。)




CAPEDSは、内発的取り組みの促進を大切な柱として、活動に取り組んできています。

すなわち、
「スーダンの人たちが自分の力で自分たちの社会を良くしていくこと」

その原型を目の当たりにした出来事でした。





00 : 10 : 53 | 基礎教育 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。