スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

日本財団にて報告会!

11月25日(水)、日本財団にて、現地渡航プロジェクトの報告をしてきました。
今回の渡航プロジェクトは、日本財団のゆめちょより資金を頂いて実現したものです。今回の報告会は、プロジェクトを振り返るよい機会となりました。

報告の中では、ハルツーム大学内の障害学生支援室の様子や、ブラインドサッカープロジェクトの様子、盲学校への訪問などを、映像を交えながら紹介し、「気持ちのこもった発表だった」との感想を頂きました。個人的に一番伝えたかった「私はCAPEDSの活動として、現地を支援するよりも、スーダンの元気を伝えたい!」という思いも十二分に汲んでいただけたようです。
「ゆめちょ」は、「助成金を提供する」というよりも、「プロジェクトパートナーとして一緒に活動する」というスタンスで活動されているそうで、プロジェクトを超えて、本当に人と人としてお話を聞いていただけたなぁと感じました。

感想の中には「スーダンの雇用状況や団体としての支援はどうなのか」、「現地へ行ってここは違ったなぁと思ったことは」などいろいろな質問が飛び出し、「スーダンに行きたいのですが・・・」という意見も頂くなど、本当に興味・関心を持ってもらうことができました。

日本財団の方々の和気藹々としたお話に、こちらが元気をもらったり、学んだりすることも多く、本当にいい報告会となりました。


写真上:参加者の方と集合写真
写真下:財団にスーダンの地図をプレゼント
縮小版(集合写真)  縮小版(スーダン土産)

仕上げは、12月2日の筑波大内における報告会を残すのみ!
もっとたくさんの人にスーダンの魅力を伝えるべく・・・よーし、広報頑張るぞー!



日本財団ゆめちょ募金プロジェクトHP
http://www.nippon-foundation.or.jp/yumecho/





スポンサーサイト
13 : 19 : 50 | 現地派遣プロジェクト | トラックバック(0) | page top↑

アカデミー向丘にて渡航プロジェクト報告会開催!

本日、事務局員現地派遣プロジェクトの報告会を、東京都文京区にあるアカデミー向丘で行いました。約22名の参加者を数え、会場には学生や社会人、NGOなど国際協力分野で活躍される方やスタッフのご家族など、様々な顔ぶれが揃いました。

前半は皆でスーダン料理を食べつつ、和気藹々と団欒を楽しみ、後半は事務局員の報告ならびにアブディン代表の報告を時間いっぱい聞いてもらいました。発表の合間にはスーダンクイズを実施したり、現地の映像を交えたりしながら、フルに五感を使って楽しんでもらえたのでは、と思います。

参加者の感想を少し紹介すると・・・

●動画もあって面白かった。
●目的、良い点、問題点が明確だった。
●映像が多くてよく伝わってきました。
●内容はとても理解しやすかったです。フォントはゴシックなどシンプルに統一するとより良くなりますね。
●写真のみならず、動画があるということが素晴らしいです。
●とても良い説明を頂きました。現地のエネルギーを強く感じました。
●もう少し日本との比較を入れていただけると初心者にもわかりやすいと思いました。

などなど、皆さん、本当に熱心に聞いてくださっていた様子が、文面からよく伝わってきました。
事務局員が丹精込めて執筆した報告書も、15部ご購入いただいたそうで・・・なんだか逆に自分の活動の面白さに気付かされた面もありました。

写真やスタッフの感想などは、改めて後日紹介したいと思います。
本当に参加者の皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました&お疲れ様です!




00 : 02 : 01 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

自立生活センターで報告会!

11月13日、つくば市自立生活センターほにゃらで、スーダン渡航プロジェクトに関する報告会を開催しました。
はじめはプロジェクトについて紹介しようと考えていましたが、国際協力を知らない人にもスーダンの面白さを知ってもらいたい!と思い、クイズを交えたスーダン紹介をしました。

スーダンの食べ物やサッカーの様子、伝統衣装などをスクリーンいっぱいに写真で紹介し、映像を流したり、ナツメヤシを試食してもらったり、伝統衣装のトーブを実際に着てもらったり・・・と、五感をフルに使った紹介ができたのでは、と思います。

参加者の皆さんも、思い思いに質問したり、クイズに参加してくれました。一番盛り上がったのは食べ物クイズ。やっぱりみなさん、おいしいものには目がないようです。
クイズで一番正解が多かった参加者には、アフリカで買ってきたキーホルダーをプレゼントしました。

個人的には、どうすればスーダンの魅力を150%伝えられるかが課題として残りました。
こうやって一人でも多くの方が、海のずっと向こうの国に思いを馳せてくれると嬉しいなと思います。


自立生活センターほにゃら http://www.honyara.jp


14 : 43 : 04 | イベント | トラックバック(0) | page top↑

アブディン代表帰国!

事務局員渡航からブラインドサッカーのワークショップ開催まで、現地ですべて取り仕切っていたアブディン代表が、先日11月13日、無事スーダンから日本に帰国しました。(あれ、日本国籍だっけ?笑)

11月15日は月に1回の東京とつくばの合同ミーティングがあり、久しぶりに代表を交えた顔ぶれがそろいました。ただ、メンバーの一部は体調不良とのことで…どんどん寒さも厳しくなってきました。みなさん、どうぞ体調にはお気を付けください!


今回は、アブディン代表がお土産として持ち帰ってきた写真を一部紹介します。
上は、ブラインドサッカーのワークショップで、講演するIBSAのカンポス氏
下は、南部ジュバの盲学校の様子
プロジェクトの様子は、改めて21日の報告会にて報告させていただきます。

IMGP0572_convert_20091117142201.jpg

juba 盲学校教室
14 : 25 : 54 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

キックオフ!! ブラインドサッカーセミナー実施報告!!

10月31日から11月2日の3日間、スーダン・ハルツームの州英グラウンドにて、ブラインドサッカー普及のためのワークショップを実施しました。
国際視覚障害者スポーツ協会(IBSA:International Blind Sports Association)のカルロス、カンポス氏が、約17名の受講者を対象に、講義と実技の指導をおこないました。
受講者の背景はさまざまでしたが、少年サッカーのコーチ、盲人連合の関係者、および地方からの参加者などの顔ぶれが並び、大変有意義なものとなりました。
詳細についてはのちほど報告させていただきます。

ブラインドサッカー 練習①
↑ヌール・アル・ハヤートの練習風景

以下、ブラインドサッカーセミナーの日程です。

10月30日:
・ カンポス氏ハルツーム着
・ ホテルで休養後、14:00より通訳を交えて詳細の打ち合わせ
・ その後市内観光

10月31日:
9:00-13:00:オープニングセレモニー。
ハルツーム州のスポーツ省の大臣、カルロス・カンポス氏、アブディン代表、サッカーチーム、ヌール・アル・ハヤート代表サブラ氏がスピーチと記者会見。

17:00-21:00:
実戦での指導。

11月1日:
9:00-13:00:理論編の講義

17:00-21:00:
実践指導

11月2日:
9:00-13:00:
理論編講義。

17:00-21:00:
実践指導


11月3日:
カンポス氏スーダン出国
12 : 32 : 25 | メンバー紹介 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。