スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

こんなに頑張ってる生徒と先生がいるんだ!

昨日、点字教室プロジェクトに参加したヤァーコブ君を訪問してきました。



視覚障害をもちながら通常学校で学ぶ子どもたちに、
盲学校の先生と大学の視覚障害を持った学生が点字を教えるこのプロジェクト。


様ざまな背景を持つが故、途中から教室に通えなくなる子もいましたが、
ヤァーコブ君は優秀な成績で点字教室を終了しました。



 彼は、どんな子なんだろう?
 普段は、どんな環境で学んでいるんだろう?・・・




 そして今回の訪問。

彼の家は、ハルツーム州の中でも、元スラム街だったところにありました。
道案内は、点字教室で送迎を勤めてくれたイケ面ドライバー、マーリックです。

整備されていない道路の脇に、昔ながらの土壁の家が立ち並び、
道の真ん中では、子どもたちがサッカーして遊んでいました。


細い道を入って、彼の家を訪問すると…
「今は学校に行ってるよ。」

おっと…不発。
なんと、スーダンでは午前中から昼過ぎまで勉強した後、
16~20時まで、さらに学校で課外授業があるそうです。




そこで、さらに細い道を入っていくと…ありました!
壁にかこまれた、こじんまりとしたヤァーコブ君の学校。

本人と担任の先生、お父さんが笑顔で迎えてくれました。



先生とお父さんを前に、ちょっと緊張気味のヤァーコブ君ですが

インタビューでは、

「英語が好きです。
 将来は報道人になりたい(即答!)。」

と、堂々と答えてくれました。



そんなたくましいヤァーコブ君。

なんと73人の生徒の中で、全教科で10位以内に入っているそうです。
耳学問では難しい英語も、40点満点中33点のハイスコア。
コンクールで詩を読んだときには大きな反響がありました、と先生。



先生に、「彼はどうやって勉強しているの?」と聞くと


授業では、一番前に座って授業を受けるよう、配慮しています。
参考書も渡して、家に持ち帰って勉強できるようにしています。
彼のために特別な時間も設けています。
私は2年生から彼を担当していますが、周りの先生もとてもよく理解してくれています。


という答えが返ってきました。


どんな不便があろうと
目の前の子どもがちゃんと勉強できるよう
いろいろ工夫をしている先生の姿勢が
本当に素晴らしいと思いました。


お父さんも
「息子はコーランも結構覚えているよ」
と自慢げな様子。
息子の将来を考えて、熱心にアドバイスしているそうです。




先生やお父さんの

「この子は、育てればちゃんと伸びるんだ!」という期待と

 しっかり勉強できるようなサポートがあって

今の彼があるんだなぁ、と実感しました。



わたしが好きな、スーダンの底力です。






関連記事
スポンサーサイト
07 : 41 : 46 | メンバー紹介 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://capedsnews.blog62.fc2.com/tb.php/120-21419153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。