スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スーダンの食卓 その1

正直、今まで行った国の中でスーダンの料理が一番口になじみやすい、と思う。

食材も牛肉、鶏肉、羊肉、ヤギ肉、豆、トマト、モロヘイヤ、きゅうり、たまねぎ、オクラ・・・と本当に豊かで、たっぷり使うスパイスも癖がなく、とにかくおいしい。

食事

がっつりアブディン。
現地の家族は、お皿に食事を残すことがおおいが、
私はそのおいしさにやられて、しばしば文字通り平らげていた。


そんなスーダンの食卓から、今回紹介するのは、ターミア(左)とフール(右)。

ターミア


ターミアは、ヒヨコ豆を潰したものをコロッケのように揚げた料理。
カリカリと香ばしく、つい3つ、4つ・・・と手が伸びる。
現地の人は、よくパンにはさんで、軽食のサンドイッチを作るそうだ。
この規格品のようなきれいな形のターミアだが、
お母さんが、ひょいひょいと生地を丸める技には、いつも舌を巻いた。
私も、と手を出してみたが、結局かたちが整わず、粘土のように両手で模りする始末・・・

フールは、エジプト豆を崩れるほどまでぐつぐつ煮込んだもの。
仕上げには、たっぷりのコーン油をかける。
カロリーが!脂肪が!!と気にしていた私も、どっぷりとこの「こく」に嵌ってしまった。
しっかり「豆」の味がするフールも、パンとの相性は抜群。
ターミアやサラダと一緒に、パンにつけて食べる。
日本でも、ヒシャム理事の家で、よくご馳走になっている。


庶民の食卓に欠かせない、代表的なスーダンの料理。
日本で言えば、味噌汁と玉子焼きのようなものだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
01 : 47 : 57 | スーダンの日常 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://capedsnews.blog62.fc2.com/tb.php/136-490d8614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。