スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

京都大学でのインタビュー
日時:6月20日(金)18時半~20時
場所:京都大学吉田キャンパス
参加者:バシール、ヒシャーム、御村

「ポケットゼミ」
全学共通科目・学部一回生対象
・アフリカに関連したテーマを各グループごとに設定。
 学生自身がテーマを設定、調査(文献、インタビューなど)を行い、前期最後にプレゼンテーション。
・学生の興味・関心から「自然」「文化」「社会」班に区分。

今回は、このうちの社会班のゼミにて、バシルさんとヒシャームさんが「スーダン人の実際の声」としてインタビューを引き受けることになりました。参加学生は事前に本や資料で下調べをし、今までもスーダン研究者の方へのインタビューなどを経験されたそうです。

テーマ: スーダンの戦後復興に向けた課題と展望

内容:
・スーダンの紛争について
・難民について
・援助について
・南北格差について
・教育や大学について
・日本におけるスーダン人のネットワークについて

主に質問・回答形式で、下調べをした内容に加え、各々の学生が興味を持った内容を質問。
詳しいディスカッション内容はこちら


参加者感想:
CAPEDS宛てに参加学生と2人のスーダン人に感想を送ってもらいます。
随時更新するので、お楽しみに。。。
関連記事
スポンサーサイト
01 : 09 : 43 | メンバー紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<立命館大学での座談会 | ホーム | 京都大インタビューの様子>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://capedsnews.blog62.fc2.com/tb.php/14-fc72855f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。