スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

皆で食べるファトゥール

御村です。

福地先生に同行してエルヌール盲学校を訪問したとき、不思議だったことがありました。

以前スーダンを訪問したときには、7時ごろ起きても家の中は静まり返っていて、
キッチンでお母さんがミルクティーとビスケットを用意してくれて、
のんびりお茶を楽しんだり、朝食準備を手伝ったり、
10時頃皆で朝の食卓を囲む・・・というのが「午前中」でした。

今回福地先生は、7時半に家を出るというのです。


「ご飯は?」と聞くと、
「学校で先生たちと食べるよ」とのこと。

そして翌朝、家でミルクティーを飲んだら、迎えの車に飛び乗って盲学校へ・・・


学校では、先生方にあいさつしたら、福地先生は授業準備に取りかかります。
授業のはじまりの鐘が鳴り、教室に向かいます。
もう一度授業の終わりの鐘が鳴ると、子どもたちに囲まれながら、戻ってくる福地先生。

職員室で、他の先生方と話に花が咲いていると、
ファルーク先生が日本語で「あさごはんをたべましょう。」と声をかけてくれました。

手を洗って戻ってくると、用意されていたのは・・・
エルヌール盲学校 ファトゥール

トマトやきゅうりをあえた豆のペーストをピタパンにつけながら食べる、
先生方の元気の源、ファトゥール(朝食)!

皆で手を突っ込みながら、一緒に食べます。

「同じ釜の飯を食う」とは、このことですね。
一人で食べるお弁当よりも、ずっとずっと満たされました。
私のスーダンで過ごした思い出深い場面の一つです。







関連記事
スポンサーサイト
21 : 24 : 41 | スーダンの日常 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://capedsnews.blog62.fc2.com/tb.php/153-73ed4199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。