スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スーダンへの道その3 ~現地派遣のきっかけ

 ご寄付をいただいた皆様に感謝!スーダンへ派遣されることになりました!

来る10月2日、スーダン現地プロジェクトを視察し、現地関係者との交流を深めるため、CAPEDS事務局員ボランティアスタッフがスーダンへ派遣されることになりました。派遣事務局員は、私、筑波大学4年の御村明日香と同大学3年の中山美有紀の2名。さらに団体理事の福地健太郎が私費で渡航し、プロジェクトに参加することになりました。

気づけば日本出国まで残り1週間!
そこで今日から出国までの毎日、渡航準備の報告、派遣への意気込みなど、リアルに皆さんにお伝えしたいと思います。

スーダンへの道その2のテーマは、事務局員現地派遣のきっかけについて。

現地視察プロジェクトが提起されたのは、今年2009年の3月、日本財団寄付プロジェクト「夢の貯金箱」を財源とした助成金をいただいたことが発端です。

もともと日本財団は、競艇のお金を財源として「世のため、人のため」に活動する非営利団体を支援をしている財団法人です。今回の助成金の元となった「夢の貯金箱」は、2005年よりNPO活動のさらなる活性化のため、日本に寄付文化を醸成することを目的に始めたプロジェクトで、企業や一般市民の皆様からの寄付で支えられています。1本ジュースを買うと10円寄付される「夢の自動販売機」を設置したり、「香典返し」にかえて寄付をしたり、とかかわり方も様々。詳しくは以下をご覧ください。
日本財団 夢の貯金箱ホームページ:
http://www.nippon-foundation.or.jp/yumecho/about/goal.html

日本財団夢の貯金箱


今回、私たちは申請額の100万円を上回る140万円の助成金を頂戴しました。財団の方より、この差額を使ってボランタリースタッフとして働く学生を現地へ派遣するよう、アドバイスをいただきました。日本で活動する学生のやる気を高めるとともに、日本財団へ提出する報告書や帰国後に開催する報告会を通して、社会に対して活動の意義を広めていくことが期待されています。
 

スーダンへの道その4からは、事務局員の今までの活動への思いや、現地訪問の意気込みをお届けします。
関連記事
スポンサーサイト
22 : 44 : 09 | 現地派遣プロジェクト | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://capedsnews.blog62.fc2.com/tb.php/42-73963fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。