スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スーダン旅行記④ ―ハルツーム市内散策

サヴァーフン・フレイリ!おはようございます。
昨日、福地さんが無事ハルツームに到着しました!さすが、すぐにアブディン一家と打ち解け、昨晩はいろいろなゲストとともに、楽しい夕べを過ごしました。

さて今回は、福地さんも「スーダン着いたときから(道理でアフリカの人は、日中働けないわけだ~と)悟ったぜ」というほどの灼熱のスーダンから、ハルツーム市内の様子を紹介します。


昨日はまず、アブディンのおばあさんの家を訪問し(昨日赤ちゃんが生まれたばかり!)、その後パン屋さんや市場に行き、報告会で提供する料理に必要な、スパイスの数々を調達してきました。
 
実は、日程上はリハビリテーションセンターを訪問することになっていたのですが、当日先方に断られてしまったのです。そして昼前には来ることになっていた車の運転手さんも、来ないどころか連絡もつかず・・・これも、スーダンの持つ一面なのでしょうね。

さて、ハルツームの町並みは、まっすぐ伸びた道路があるかと思えば、砂埃が舞うでこぼこ道が広がり、車がびゅんびゅん走るかと思えば、ロバやリキシャがのんびりゆったり進んで、近代的なカラフルなお店が並ぶかと思えば、レンガや土で作った建物がどーんと構え・・・とても一言では表せない、興味深い世界です。

市場では、ずらりと並ぶ果物や野菜に迎えられ、所狭しと並ぶスパイス屋さんの店先では、これもあれもと紹介してくれたり、試食させてくれました。帰るころの車内は、たくさんのスパイスのみならず、ハイビスカスティーやさまざまな豆、スーダンのパンでいっぱい。

スパイス屋さん


その後、アブディンが通っていた小学校を訪問しました。偶然にも、アラビア語を教えていたという恩師の先生と感動の再会!その様子はばっちりカメラに収めさせていただきました。先生によると「優秀な生徒だった」そうですよ。

「昔はね、周りは畑や果物の木ばっかりだったんですよ。子供の頃は、友だちとマンゴーを採って川で洗って食べたりしたなぁ」と思い出話に花が咲きます。ナイル川で洗うマンゴーなんて、ここならではの醍醐味ですね(笑)

福地さんは、午後3時半に空港到着。家について一息ついた6時ごろ、遅めの「ランチタイム」が始まりました。スーダンでは、一般的に昼食は2時から4時ごろ、夕食は8時から10時ごろにとります。こんな時間にお母さんのおいしい手料理を山ほど食べるのだから・・・さあ大変。福地さんも、お皿いっぱいの料理で熱烈歓迎を受けていました。

アブディン一家とランチ
みんなでランチ

さて、今日はいよいよアブディン、福地、中山、御村の4人で、卒業生の会が運営する障害支援室と、図書館内にある大学が管理する支援室を訪問します。ビデオやICレコーダーの準備もばっちり、どんなやり取りが展開されるのか、今からどきどきわくわくです!



関連記事
スポンサーサイト
14 : 38 : 53 | 現地派遣プロジェクト | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://capedsnews.blog62.fc2.com/tb.php/55-acb65263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。