スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

10月の定例ミーティングが終了。

毎月最終土曜日は、CAPEDSの定例ミーティングです!


abdin20111029.jpg

電話中のアブディン理事



はい、今日はスタッフの都合がつかず、
事務局長ナミキと代表理事アブディンのサシ会議となりました。笑

来月中には、サイトやイベントまわりで
色々と変化を創っていく感じになりそうです~。
詳しくはまた、改めてご報告しますね♪^^
15 : 48 : 22 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

ニューズレター「めきゃべつ通信」vol.1を発行しました

キャペッズ初のニューズレター「めきゃべつ通信」、
ついに発行!!!


めきゃべつ通信の画像



というわけで、読者のみなさまにもおすそ分けです♥
手作り感のあふれたほのぼのニューズレター、
ぜひご覧いただければ幸いです♪


Word版はこちら
PDF版はこちら

~コンテンツ~
・6名の生徒が、無事点字教室を終了!
・スーダンへ届け!思いの詰まった点字教科書
・22冊の大学教科書がデータになりました!
・ボイ!ブラインドサッカー便り
・「スーダンはこれで平和になるのか?~新国家、旧国家の挑戦~」
・ラジーズジッダン!おすすめスーダン料理♪
・理事のひとこと by 福地健太郎
・お知らせコーナー
19 : 36 : 21 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

2011年度通常総会が終了しました

みなさま、こんにちは! 事務局長の並木です。


さて、本日はCAPEDSの通常総会でした!
2010年度(2010年9月~2011年8月)の事業報告や決算、
2011年度(2011年9月~2012年8月)の事業計画や予算計画の承認、
そして福地理事のスーダン渡航や、
新理事の就任などがアジェンダとなりました。



総会中をパチリ。
総会写真2011


この総会の議決の結果、福地理事は来月からスーダンへの派遣が決定。
またこれまでスタッフとして頑張っていたムルタダ氏が
理事に就任することとなりました。


福地理事、いってらっしゃい!
ムルタダ理事、どうぞよろしくお願いいたしますね^^


18 : 53 : 31 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

スーダンへ点字の英語教科書第一便を送りました

こんにちは、事務局の並木です^^
昨日は、スーダンへ8個ほどパッケージを送りました。

中身は、スーダンの盲学校で学ぶ高校受験生たちが使う、英語の教科書。
点字教科書110604


スーダン唯一の盲学校であるエルヌールは、一学年10人のクラスですが、
高校を受験する8年生(スーダンは中学がない)の英語の授業は
3、4人に一冊の点字教科書で進められています。
教育省のほうでは点字教科書を準備する余裕や動きがなく、
盲学校の点字教科書印刷機は壊れたまま、数年が経過しています。


ここに、横浜YMCA様の助成金および日本国内の点訳ボランティアの皆さまのサポートで、
英語の教科書を点訳したものを贈ろう!という今回のプロジェクト。
今回のパッケージが無事に現地へ届けば、
まずは受験生たち一人ひとりの手元に一セットずつの教科書が配られます。


並木の拙い解説ですが、詳しくはこちらの動画でどうぞ!^^


09 : 10 : 53 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

5月の定例ミーティング、無事終わりました!

おはようございます^^
事務局長の並木です。


昨日はCAPEDSの月次定例ミーティングでした。

写真をうっかり撮り忘れてしまったのが残念なのですが、
ミーティングには全部で7人のスタッフが参加。
内訳は5人の視覚障がい者と2人の健常者、
スーダン人3人に日本人4人、といったメンバー。
さらに今回は筑波大学の学生さんも加わり、
全部で8人での開催となりました。
皆さま、お疲れ様です!^^

キャペッズのミーティングは毎月の最終土曜日に行われ、
ミーティングからその後の懇親会までどなたでもご参加いただけます。
オープンで賑やかな雰囲気、
ご興味のある方はぜひ覗きに来てくださいね♪

なお、5/29は代表理事アブディンの誕生日…ということで、
終了後は会場近くのデニーズでケーキを注文してお祝い。
今年で34歳。おめでとう!

↓お祝いのバースデーソングと、抱負を語るアブディン

04 : 21 : 53 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

2月の定例ミーティング

こんばんは! 事務局長の並木です◎
先日土曜日はCAPEDSの定例ミーティングでした!


最近いただけることが決まった助成金のことや、
今後のイベント、新しい企画などを、
東京ボランティアセンターの机をお借りして共有・議論。


あ、そうだそうだ。ブログ報告に載せる写真を撮ろうっと。



並木:「ブログに載せる写真撮るから、会議してて~」


パシャリ。


ミーティング110219_1


ちょっと、福地理事!(一番右)
思いっきりカメラ目線で笑顔じゃ”会議”じゃないでしょう!!笑

國宗くん(右から二番目)もさりげなくピースしてるし…



並木:「……。じゃぁ、今度は皆カメラ目線でお願いします。」



パシャリ。

ミーティング110219_2




今度は福地理事が一人だけ、すごく真面目な顔で映ってますが…。
(そして一番奥にいるムルタダくんは常にキリッと映っている)

※ちなみに右3人は全盲のスタッフです
※今回は今月末からスーダン留学する東外大の学生・みどりちゃんが
 ゲスト参加してくれました!



そんな感じで、今回のミーティングも愉快に終了。
実は3月はイベント目白押しなので、準備頑張ってます!
詳細は随時お知らせするので、乞うご期待です~!^^
12 : 00 : 32 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

横浜YMCA様の助成金表彰式

皆さま、こんにちは!
事務局長の並木です♪^^
寒い日が続いていますが、皆さま風邪などひかれていませんか?
スタッフは元気いっぱいですよ~!


さて、先日2/11(金)の午後、
CAPEDSメンバーは横浜YMCA様の夢すくすく奨励賞表彰式に
参加してまいりました!


YMCA集合写真
福地理事、賞状を持つムルタダ事務局員、並木


「夢すくすく奨励賞」でいただく20万円は、
盲学校で学ぶ子どもたち(特に6~8年生)の英語の教科書を
日本で点訳して送るプロジェクトに充てさせていただきます。
(※スーダンは初等教育8年・高校3年の後高等教育へ進みますので、
 特に8年生=受験生のための英語教科書から重点的に訳しています)
P1060546.jpg
スーダンで使われている英語の教科書


そもそも、私たちが支援しているエルヌール盲学校は
スーダン唯一の国立盲学校であるにも関わらず
点字の教科書が連邦政府から供給されてはいません。

そこでエルヌール盲学校が
公教育を受ける全国の子ども達が使っている教科書を点訳して
点字教科書を作っていましたが、
その機械も老朽化。

壊れてしまった点字印刷機
老朽化した機械


今ではすっかり動かなくなり、
教科書は3~5人に一冊、という状況になっています。
受験勉強をしなければならない8年生でも、です。

エルヌール盲学校の授業風景
盲学校での授業風景


私たちが2010年9月にスーダンを訪ねた際、
詳しくこの話をしてくれたのがヤッシン先生。
ボランティアで盲学校で英語を教えている彼から、
3種類の教科書や副読本を預かり、
CAPEDSでは日本での点字化を進めていました。

ヤッシン先生と並木

ヤッシン先生と並木


さて、ここで問題。


「教科書を点字印刷する紙やファイルはどうしよう?」



指で読み取る点字は、ある程度の大きさが必要なため、
印刷するのに普通の文字の印刷の4倍の紙を必要とします。
一枚一枚の紙も、点字が消えないようしっかり跡がつく厚手のもの。

点字
出来上がったサンプル点字教科書、厚さ1.5cm程度。
(これで教科書一巻の7分の1程度なのだとか)


6~8年生の子ども達一人ひとりに行き渡るよう
点字教科書や副読本を作るには、
何と紙代・ファイリング代で20万円近くかかってしまうのです。



そこで今回は横浜YMCA様の「夢すくすく賞」に
「未来をのせて届け!~エルヌール盲学校の英語教科書点訳プロジェクト~」
を申請させていただき、
書類・プレゼン審査の結果、助成をいただけることになったのでした。



すでに教科書は点訳が着々と進んでいるので、
これから紙を購入し、印刷・ファイリングする予定です。
9月の新学期には、子どもたちの手元にピカピカの教科書が届けられるはず。

点字をさわる
嬉しそうな福地理事とムルタダ事務局員


それも、横浜YMCA様の助成金をいただけるおかげなのでした。
横浜YMCA様、本当にありがとうございます!



YMCA集合写真2
皆さまとの集合写真
21 : 20 : 21 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

福地理事、朝日新聞掲載!

2010年8月30日付けの朝日新聞「ひと」欄に、福地理事の記事が掲載されました。
出国を前にして、全国の多くの人に活動を知ってもらうビックチャンスとなりました。
以下に、内容の一部を紹介します。


―――――

「スーダンでブラインドサッカー普及を目指す 福地健太郎さん(26)」
<写真=ブラインドサッカーボールを持ちスーダンの伝統衣装を着ている福地理事>


鈴が入ったボールを使うサッカーを知ったのは、筑波大1年の時。
声を頼りにパスをまわし、豪快にシュートを放つ。
走ることは好きだったが、目が見えなくてもできる球技の存在は知らなかった。
同じチームにいた北アフリカのスーダン人留学生の母国に伝えたくなった。
「いろんな可能性があることを知って欲しかった」。
2004年から寄付を募ってボールや備品を贈り、まず1チームが生まれた。

(中略)

07年にスーダン障害者教育支援の会を作った。今の自分があるのは、普通校の先生が点字を覚えて勉強を教えてくれたから。
民族紛争にゆれるスーダンは盲学校が数校しかなく、視覚障害児の多くは普通校に通う。それなら点字も広めよう。
東京の日本赤十字社に勤める傍ら、電話やメールで現地と連絡。視覚に障害のある大学生が同じ障害の小学生に点字を教えるプロジェクトを立ち上げた。
試みが成功するかはわからない。しかし挑戦してみなければなにも始まらない。
「僕はいつもなんとかなるだろうとやってきた」。
来月、昨年に続いて首都ハルツームに向かう。
(文:由利英明、写真:細川卓)


18 : 13 : 57 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

東京日本橋ロータリーの皆さまと打ち合わせ

皆さまこんにちは! 事務局スタッフのナミキです。


今日は東京日本橋ロータリークラブの皆さまと
打ち合わせをしてきました!

続きを読む
17 : 38 : 57 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑

アブディン代表帰国!

事務局員渡航からブラインドサッカーのワークショップ開催まで、現地ですべて取り仕切っていたアブディン代表が、先日11月13日、無事スーダンから日本に帰国しました。(あれ、日本国籍だっけ?笑)

11月15日は月に1回の東京とつくばの合同ミーティングがあり、久しぶりに代表を交えた顔ぶれがそろいました。ただ、メンバーの一部は体調不良とのことで…どんどん寒さも厳しくなってきました。みなさん、どうぞ体調にはお気を付けください!


今回は、アブディン代表がお土産として持ち帰ってきた写真を一部紹介します。
上は、ブラインドサッカーのワークショップで、講演するIBSAのカンポス氏
下は、南部ジュバの盲学校の様子
プロジェクトの様子は、改めて21日の報告会にて報告させていただきます。

IMGP0572_convert_20091117142201.jpg

juba 盲学校教室
14 : 25 : 54 | 国内ニュース | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム |

最近の記事をどうぞ!

follow us!!



月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

CAPEDS広報部隊

Author:CAPEDS広報部隊
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。